忍者ブログ
Renewal of capricious・・・・:
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
<監獄0405-0040> :
最新コメント
[10/02 MfrERhyfSA]
[12/02 ヌシ]
[12/02 きょん]
[12/02 ヌシ]
[12/02 きょん]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
nushi
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



1ヶ月前、友人が天国に生きました。
苦しんで悩んだ末の結果、自身の手で命の灯を終わらせました。

その苦しさが凄くわかるから・・・・

私自身も現在うつ病にて通院、治療を続けています。
だから・・・その苦しさが手に取るようにわかるから余計に辛い。
辛いけれど、どうしても書かなければと思い現在PCに向かっている次第です。


伸吾とはARBORのライダーとチームマネージャー的?な関係でした。
彼の印象はホンワカしてて天然ボケなやつだな~が第一印象。
だけど、滑り出すととてもしなやかで・・・簡単に言うとヒトをワクワクさせてくれる!

ARBORの日本代理店がなくなってからも彼とだけは時々連絡を取っていました

去年の11月末日に彼に新しいブランドNATIVの板に乗ってもらおうと思い彼にTELをすると
力のない声で「おひさしぶりでーーーす」と・・

そのあと・・・・さっき病院行ったら。。

「俺、うつ病って診断されました・・・OOさん(俺の名前)と同じですぅーーー。。」

「チーム鬱結成だなとお互い含み笑いWWW」

自分も抗うつ剤でかなり悩まされ、今の薬(ルボックス)に落ち着くまでかなり色々な薬を試したのを伸吾に伝えました。

抗うつ剤はヒトによって合う合わないがあるからフラフラする、だるいなど改善が見られない場合すぐに先生に言って薬替えて貰いなよって・・・・忠告し
札幌まで来れるなら自分がかかっているメンタルクリニックの先生紹介するから・・・
などの会話もした・・・

伸吾はパキシルを処方されていたので(僕には全く以て合わない薬だったもんでやたらと心配で・・)

伸吾は力ない声で「わかりました~」と。。。

で本題に入り、「伸吾に今期からNATIVっていう板に乗らないかな?」

伸吾、「へっ?ぼくでいいんですか?」

私 「伸吾ならこの板おもしろく乗ってくれそうだから連絡したんだ」

伸吾 「僕で良いんなら乗りますけど・・・来月からうつ酷いんで宮崎にサーフィンしに行くんですが・・」

私 「別に良いよ。うつが楽になってから乗ってくれて。帰ってきたら連絡頂戴ね!!」

伸吾 「ありがとうございます!!」

それが最後の会話でした。

そして先月、ニセコ東急リゾートさんから連絡がありました。

おたくの板、レンタルで入れたいのですが1度来ていただけませんか?
なかなか時間がなく、GW初日にやっとニセコひらふにご挨拶です。

レンタル担当のかたと色々、お話いたしました。

そこのレンタルの方から、伸吾の死を聞かされました。

私はそれまで何も知らされておりません。

何かの縁なのでしょうか?

ここは彼が以前働いていたホテルのレンタルショップ。

自分の事を知らせるのにこの日を選んだのかな?

そしてレンタルの納入まで決まりました。

NAITVの板に乗れなかったのを悪いと思ったのか・・・
伸吾らしい置き土産です。

アリガトウ伸吾、君がNATIVに乗るの姿を見たかったです!!

上記動画は彼が先シーズンこんな風に活動しましたと私の自宅に送ってくれたDVDです。
彼のしなやかな滑りをみんなに見てもらいたくUPしました。

彼のフッテージを埋もれさせたくないので!

ありがとう伸吾!! たのしかったぜ!!


NISEKO FUNNEL Zさんのブログもご覧下さい。
























PR
この記事にコメントする
NAME
TITLE
MAIL
URL
MESSAGE
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

無題
なぜだか感動します
ありがとう
kiyo 2011/06/01(Wed)18:05:03 編集
市村 伸吾
kiyoさん、読んで頂き有難うございます。

伸吾も喜んでいるとおもいます。

本当に好きなライダーでした。
ヌシ 2011/06/01(Wed)21:05:17 編集
伸吾くん
はじめまして。
9/18,19の2日間、長崎であったワークショップで
伸吾くんのご両親とお会いし、このブログにたどり着きました。
私の母も自死で亡くなっているんですが、偶然実家が伸吾くんが眠る町と結構近くて、なんだか縁を感じました。
今は、ただただ伸吾くんの存在に感謝しています。
林かずこ URL 2011/09/20(Tue)16:23:53 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
relaxxx   HOME   LOGOrama
忍者ブログ [PR]

Photo by 水珠  Designed by A.com