忍者ブログ
Renewal of capricious・・・・:
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
<監獄0405-0040> :
最新コメント
[10/02 MfrERhyfSA]
[12/02 ヌシ]
[12/02 きょん]
[12/02 ヌシ]
[12/02 きょん]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
nushi
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

昨日観たロードムービー。

観ていて思った・・

ヨコノリはアホだということ

そんな自分もアホなのである。

好きこそ物の上手なれ。



1975年、たった6人の若者が、世界の波を変えた。
ついに明かされる、初めて”プロフェッショナル”という生き方を創り出したサーファーたちの、感動の実話。


1970年代前半、ハワイ・オアフ島のノースショアはすでにサーフィンのメッカとしてその名が知れた場所であり、サーファーにとってそれは憧れのスポットであった。
毎冬、世界中から自らの腕を試すがごとくサーファーが集結、人類が知り得る最もラディカルな波に挑戦した。それは異文化のクロスロードでもあり、ギャングやドラッグ、ヒッピーにサーファーが集まる無法地帯的な空間でもあった。
そして1974年、ここに夢を追い求めて南アフリカ、オーストラリアから6人の若者がやってくる。彼らの目的は、誰も成し得なかった先進的なアプローチでサーフィン界に革命を起こすこと。
しかしそこには、ノースショアをホームグラウンドとするハワイアンたちの、強いローカリズムが存在していた。


現在では何億ドルもの金額が動く一大産業に発展したサーフィン業界の、その礎を築いた男たちの夢と希望、苦悩と挫折。30年以上の長きに渡り公にされず、サーフィン界のタブーとさえいわれたハワイアン自警集団「ブラックショーツ」とオーストラリア/南アフリカサーファーとの間に起きた抗争事件の真相が、当事者たちの生々しい証言と貴重なアーカイヴ映像とで綴られる。
出演には、その歴史を変えた6人の男たちのほか、トム・カレン、ケリー・スレーター、グレッグ・ノールなどのレジェンドから現代のトップサーファーまで超豪華キャストが登場。

ナレーションは、『ファイト・クラブ』『アメリカン・ヒストリーX』等のハリウッドスター、エドワード・ノートンが担当している。
そして当時の 生の姿を伝える映像には、サーフ映画のバイブル『FREE RIDE』のほか70年代サーフムービーの名作の数々が多数使用され、時代の空気とともに大迫力のライディングシーンを見せる。これは単にサーフィンのテクニックや精神性、自然の美しさを伝える映画ではない。
何か新しいものを生み出すためには、覚悟と勇気が必要だということを教えてくれる、夢を叶えるために奮闘した男たちの感動のドラマである。

PR
この記事にコメントする
NAME
TITLE
MAIL
URL
MESSAGE
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
mail   HOME   天然
忍者ブログ [PR]

Photo by 水珠  Designed by A.com